ウォーキングメディテーション

京都嵐山

ウォーキングメディテーション(歩く瞑想)のイベントへ。

つい最近、海外や離島で生活をされている方々の

すてきなお話を聞く機会があり、

自然の中に身を置きたいと思っていた自分を思い出しました。

(元々は田舎育ちなのに、10年ほど都会に住んでいる)

色んなモヤモヤがあり、

少しでも気分転換になればと、思い切って参加。

保津川沿いを20分歩く。

 

瞑想というのは、頭の中を空っぽにするというイメージがあったのですが、

悩みやモヤモヤがあればそのことを考えながら歩いてもいいということでした。

 

「え?なんかいいかも・・・」語彙力とぼしい(^^)

 

モヤモヤがない人は特に考え事をせず、足の裏に意識を集中して地面を感じたり、

葉っぱに触れたり、自由でいいと説明を受けました。

・会話をしない

・スマホを触らない

・他の参加者とは3メートルほど距離をとる

・ペースはゆっくり

決まりはこれだけ♪

 

いよいよ、20分の歩く瞑想スタート・・・

 

「あ!カモさん♪」あまりに美しい景色に、しばらく写真を撮りたい欲と戦いました。

「写真を撮れないならどうしよう・・・」

今この瞬間の景色を目に焼きつけて、楽しむことに集中しよう」と思い、写真を撮りたい欲に打ち勝ちました(^^)

その後しばらくモヤモヤのことを考えていましたが、深い緑の美しい川、ふわふわの苔、小さな小さな滝、さまざまな形の葉っぱたち、、、

そんな圧倒的な自然の輝きを目の当たりにすると、自分のモヤモヤなんてどうでもよくなり、すぐに頭から飛び出して行きました。

 

(写真は帰り道に楽しみました。)

 

モヤモヤがどうでもよくなった後は、

苔に触ったり、空を眺めたり、上品な寒さを楽しんだり、

おもいっきり自然を満喫していたのですが、

ふと、大切な人たちの顔が浮かんでずっとうるうるしながら歩いていました。

じわ~っと心があたたかくなっていく。なんて自分は幸せなんだろうと、、、

心から大切だと思える人がいる。

当たり前ではないこと、分かっていたはずなのに、、、

 

改めて大自然が教えてくれた。

大自然がわたしを受け止めてくれた。

 

ただ歩くために、20分を自分のために使う。

駅やスーパーへの道を歩くのではなく。

歩くことが目的

 

なんて贅沢なんだろう・・・

なんて豊かなんだろう・・・

 

散歩をする時間をとっていた時期もありましたが、

ついつい優先順位が下がって家で過ごすことが多くなっていました。

歩くのは移動の時のみ、、、

これからは、歩くことを予定に入れようと決めました。

 

自然の美しさはいつもそこにあるけれど、

自分の気持ちが普段は別のところにあって意識が向いていない。

もっとスマホを置こう。

写真に残すばかりではなく、心に残そう。

身近にある美しいものにもっと目を向けよう。

 

瞑想について、まだぼんやりとしか分かっていませんが、

自分にとって何が大切か・何をしていたら心地いいか

気づかせてくれる貴重な時間だと感じました。

 

わたしは、般若心経を写経(書きなぐる)していると落ち着くのですが、

やはり自然の癒しにはかなわないのかもしれません。

そして実は、、、

般若心経の写経をされている方との出会いがあり、

こんど自然の中で書道の瞑想をしましょうという話になりました。

自然の中で書道ができたら、最強かも(^^)

アウトドア書道家を名乗ろうかな♪(言ってみたかっただけ…笑)

大悲閣千光寺

 

↑こちら、色紙なのです。汚れも、日焼けも素敵。もちろん文字も。

わたしも好きなことばを書いてお庭に飾ろうかな。

 

おしまいに、エレガントな阪急電車の写真を。